ようこそ! 武村塾へ

武村塾では、礼儀を持って相手を重んじる心を育成することを
第一に考え指導を行っています。

伝統派空手は老若男女問わず、誰にでもできる全身運動です。

幼児から大人まで伝統的な空手道を楽しく稽古できます。  

見学や無料体験も随時受け付けております。お気軽にお越しください。

お知らせ

武村塾ではホームページをリニューアルしました。

より多くの方に親しめるようなホームページにしていきたいと思います。

2019年12月に中国の武漢で謎の肺炎発症患者が見つかり、その後、全世界に感染拡大し続けた新型コロナウィルス。今日では、さまざまな変異しながら、2022年になった今でもその脅威は続いています。

武村塾では、マスク着用や、お互いの間隔、入場時の手の消毒など、感染予防を十分に行いながら、日々稽古を行っています。

伝統派空手

古の時代、琉球と呼ばれていた沖縄で伝承されてきた「ティー」という戦いの術。その術は時代とともに進化し、現代の「空手」となったと言われています。

伝統派空手は、日本古来の武術として、現在社会に於いては安全性を重視した格闘スタイルの武道スポーツとして世界中に広まっており、2020年には東京オリンピック正式種目として採用されました。

当会は、
 伝統的な空手道の形の稽古と研究
 安全な防具を使った組手の稽古と研究
をしている団体です 。

流派

一般的に伝統派空手には大きく分けて四つの流派があります。
その他にも、沖縄では古くから継承されている流派も多くあります。

  • 松濤館流(しょうとうかんりゅう)
  • 剛柔流(ごうじゅうりゅう)
  • 糸東流(しとうりゅう)
  • 和道流(わどうりゅう)

当会は糸東流を継承しています。

糸東流

糸東流開祖 摩文仁賢和先生
糸東流開祖 摩文仁賢和先生 

糸東流の技法上の特徴は、攻撃技術の一つとして相突き、相抜けという理合いがあります。

防御技術には、落花、流水、転位、屈伸、反撃という「受けの五原則」があります。
更には投げ、逆技といった技術を包含し、総合武道の様相を呈します。

また、基本を忠実に・それを応用し・そこから独立する、「守破離」という言葉を代表する様に、形という基本を守りながら、それを応用し、組み手と結びつけることによって作り上げられた分解組み手によりその奥義を納めることができるように体系づけられています。

幅広い格闘技術体系が確立されており、他の流派と比べ、形の種類が多いのも糸東流の特徴になります。

糸東流開祖の摩文仁賢和は「君子の拳」を標榜し、円満な人格の形成と向上を目指した指導を行ってきました。
その意思は当会においても引き継がれています。

テキストのコピーはできません。